新患がレセプトの5%未満になった院長へ

こんにちは。歯科医院経営コンサルタントの小澤です!

新患が減り、それが医院経営に大きな影響を及ぼしている場合があります。たとえばレセプト300件/月の場合、ひと月のまっさらな新患数が15人を下回ると黄色信号、7人以下ではレセプト減少の危機的状態です。

そんな時、皆さんどうされていますか?

ホームページのリニューアルや、リスティング広告、SEO対策、予約サイトなどの患者紹介、野立看板などの院外マーケティングに費用を沢山かけていませんか?患者数が減っているときに、無理なマーケティングは逆効果。とても非効率的です。

そんな時は新患の獲得にとらわれすぎるること無く、下記の2点を確認してみましょう。

1. 診療スキームの見直し
2. 自費説明を増やさない

1. 診療スキームの見直し

基本にもどり患者さんの側から見た「診療ストーリー」を改めて見直してください。どの患者さんのご要望にも、完璧に応じている医院は存在しません。患者対応は十人十色なので実に奥が深く、不断の努力が必要なのです。逆にいうと、この部分はとても差別化しやすい分野とも言えます。

例えば、初診時の不安や痛みの状態、また治療に関する深い理解を促したり、細かな配慮の声掛け、先生の笑顔。また2回目の来院時の通院の面倒くささなどを払拭するような配慮の声掛け、3回目以降の治療全体の流れや患者さんの希望の確認。

この様な状況の中で少しずつ患者さんを啓蒙していき、Cで来院された方も、無理なく歯周病の治療を受けてもらえる心理状態へ導きます。

ドクターや衛生士さんは、教育者です。このようにして信頼関係を築いた患者さんは、必ず医院にまた来院してくれます。

患者さんは自由に話をしていますか?

患者さんが、好きなタイミングで好きなことを好きなだけ話ができる医院は繁盛しています。そこをゴールにおき、接し方を考えてください。

2.自費説明を増やさない

レセプト数が少なくなってくると手厚く患者対応できますので、説明する時間がおのずと増えます。

その結果、自費を勧められる医院という悪評をたてられる場合もあります。

自費説明は簡単に、また全員に同じように提案してください。

たとえば、メリットデメリットを資料を使って説明し、ご自宅で考えてもらうという手法で良いと思います。

とても、苦しい戦いが少しの間続きますが、必要以上に悩まれることのないようにしてください。

医院経営を改善するのに一番重要なのは、患者さんへの「想い」です。「想い」はどんな手法よりも有効な経営改善施策です。この想いが医院の経営理念であり、それをスタッフと毎日共有してください。朝礼で確認してから始業できるといいですね!

医院固有の事情をうかがい、アドバイスさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。

資料請求・お問合せ

サンプルのご請求や無料相談はこちらから。
まずはお気軽にご連絡ください!

ツールに関するご質問やご要望、使い方についてのご質問などもお待ちしております。

※お電話やFAX、LINEなどでもご相談が可能です。
詳しくは、「資料請求/無料相談」のページをご覧ください。