医療法改正によるホームページの広告規制など、歯科医院の経営改善への取り組みは厳しくなってきています。

そこで、歯科医院経営のような地域に根差した店舗型ビジネスにとって「院内でのプロモーション」が、重要な『儲かるポイント』になってきています。今後は、今までにも増して、様々な外部環境要因を踏まえた経営戦略を練ることが大切です。

自費を提案するのがとても上手な先生も中にはいらっしゃいます。でも、ごく一部の先生以外は、必ず失敗します。自分は営業が苦手だ・・・。そう感じている先生は多いのではないでしょうか。無理をして院長が営業しなくても自費は売れます。スタッフにカウンセリングを実施してもらうか、資料を配布する手法で自費を提案しましょう!

現状の経営数値と先生の目標との間に「ギャップ」があるなら、それを埋めるための取り組みを行う必要があります。初めのうちはなるべく時間や手間をかけずに行える施策を選びましょう。「まずは取り組んでみる」→「成果が出なければ次の取り組み」というように何でもとりあえずやってみるという気持ちが無ければ経営改善することは出来ません。

東京歯科経営ラボでは、各種オリジナル資料も制作しています。「こんな資料が欲しい」とご相談いただければすぐに費用をお見積りいたします。また、患者説明用冊子などのツールも医院に合わせてカスタマイズすることが可能!柔軟なカスタマイズ力に自信があります!ぜひご相談ください。

〈お客様の声/M歯科様〉

初診冊子無事に届きました。手に取って改めて、感動いたしました。

本当にありがとうございます。

早速患者さんに手に取ってみていただいております。

再度印刷の際はよろしくお願いいたします。

メンテの患者さんは順調に増えているけど、儲からない!!
『売り込まずに』自費治療を紹介してください。

カウンセラーがいない医院・配布資料が無い場合は、弊社のツールをご利用ください。

レセプト数を増やしたい!!

患者さんとの接触回数を極端に増やして下さい。

初診時、治療中、P処置、治療最終回、そして治療期間終了後の『メンテまでの自宅待機時』も!

まっさらな新患を獲得したい!!

新患獲得には、費用対効果の高い施策の実践→効果を検証→ 更に施策を実践→・・・という繰り返しが重要です。

資料請求・お問合せ

お気軽にお問合せください

いまこのページをご覧の先生。ぜひ思い切ってご連絡ください。

こんな事聞いていいのかな?
などと心配しなくても大丈夫です。

些細なことでもお気兼ねなく!まずは、じっくり丁寧に先生のお話をうかがいます。わたし達は400医院の経営相談で培った情報とエビデンスから、客観的なアドバイスをさせていただきます。