歯科医院自費率アップツール

歯科自費治療を取巻く外部環境

平成24年の保険改定でCAD/CAM冠が第一小臼歯、第二小臼歯がハイブリットレジンブロックによる歯冠補綴が適用になり、平成28年の保険改定では、金属アレルギーを有する患者において大臼歯も保険適用範囲が拡大しました。

患者さんは保険内で気軽に白い歯を選択できるようになり、患者さんの口腔内の自費化が進んでいます。

また近年金銀パラジウム合金は高騰が続いており、今後ますますCAD/CAM冠が広がっていくことでしょう。

金属アレルギーが話題に

そもそも近年メタルフリーがさけばれている背景として金銀パラジウム合金が引き起こす金属アレルギーが問題となっています。

ご承知のように金属は年月をかけて溶け出し体内に吸収されていくことが原因で皮膚の炎症などの様々なアレルギー反応を引き起こす場合があります。

金属アレルギー以外でも金属の補綴は対合歯の摩耗や、2次カリエスの危険性が高まり患者さんにメリットが余りありません。

金属を使用しない歯冠補綴は患者さんにもたくさんのメリットがありますので、積極的に自医院に取り入れていきましょう。

自費治療を経営に取り入れる

自費治療を経営に取り入れる手段として、まずは自医院でメタルフリーなどを推奨していること、そして金属以外の補綴材料を扱っていること。など自医院のホームページや待合室にポスターを張り患者さんに啓蒙していきましょう。

次に金属、CAD/CAM冠、E-MAX、ジルコニア等のそれぞれの医院のメリット、デメリット、価格が記載された比較表を作成しましょう。

例えば審美製性、2次カリエスのリスク、耐久性などの比較があるといいでしょう。
メタルフリーのメリットを患者さんに理解してもらうにはこのような比較表や金属アレルギーのリスクを説明した資料を待合室、チェアサイドに掲載します。

可能であれば自費補綴パンフットとして患者さんに渡します。

やりやすい患者さんでテストしてみる

自費治療をアプローチしていく患者さんは定期メンテナンスにきちんとくるモチベーションの高い患者さんから提案していくといいでしょう。
またいきなり高価な審美補綴を提案すると患者さんは警戒してしまいます。

まず保険適用可能なCAD/CAM冠を取り入れ患者さんのモチベーションアップをしていくのもいいでしょう。

ここで効果的なのは実際の材料で作成した補綴を患者さんに見てもらい患治療後のイメージをしてもらうことです。
別の患者さんでも良いので治療前後の口腔内写真を比較できるようなツールがあれと良いでしょう。

また、口腔内の写真を術前・術後で比較して白い歯を入れて良かったと実感してもらい
他の歯に対しても治療を行いたいと思わせること、そして必ずメンテナンスに通っていただくことが重要です。

◆関連記事(こちらもご覧ください)

自費治療が必要な本当の理由>>>

自費補綴単冠を伸ばすシステム>>>

自費売上が50%以上の医院は極めて危険>>>

弊社の自費率アップツールについて

弊社がサポートさせていただくツールの使用タイミングは下記の通りです。自費ツール、増患ツール、と記載しています。今までの診療に取り入れてください。お申込みいただいた医院様へは、医院の状態に合わせた取り組み方もアドバイスしています。

no.1801 患者説明用冊子

初診から治療最終回まで前6種類の冊子【只今20%OFFキャンペーン中】サンプル請求はこちら

no.1802 補綴カタログ

かぶせもの・つめもの・入れ歯【只今20%OFFキャンペーン中】サンプル請求はこちら

no.1804 歯医者さんの知恵袋

全25種類【只今1部10円キャンペーン中】サンプル請求はこちら

no.1805 患者啓発ポスター

全5種類【只今20%OFFキャンペーン中】サンプル請求はこちら

no.1807 医院紹介パンフレット

5つのカラーバリエーション【只今20%OFFキャンペーン中】サンプル請求はこちら

no.1808 メンテナンスレター

季節ごとの8種類のリコールハガキ【只今30%OFFキャンペーン中】サンプル請求はこちら

 

※必要に応じでコンサルタントが、電話にてご指導させていただきます

※弊社の自費率アップツールは、自費率アップからメンテナンスまで、一連の患者啓発プログラムです。今すぐ資料請求を!

 

費用:お問合せください

自費率アップツールのお問合せにつきまして

03-4405-6234

※東京歯科経営ラボ相談窓口

まずは、平日9:00から17:30までにお電話をください。まずは先生のご連絡先などをうかがい、折り返しご都合の良いお時間にご連絡させていただきます。ご相談は休日や診療終了後も対応させていただきますのでご安心ください。FAXでのご連絡がご希望の場合は、は03-6311-9768へ直接送信してください(365日24時間受付)

なおメールがご希望の場合は下のフォームから「お問い合わせフォーム」という赤いバナーをクリックして、その後開くメールフォームにご記入ください。簡単な内容で構いません。あらためてわたし達から改めてご連絡させていただきます。

資料請求・お問合せ

お気軽にお問合せください

いまこのページをご覧の先生。ぜひ思い切ってご連絡ください。

こんな事聞いていいのかな?
などと心配しなくても大丈夫です。

些細なことでもお気兼ねなく!まずは、じっくり丁寧に先生のお話をうかがいます。わたし達は400医院の経営相談で培った情報とエビデンスから、客観的なアドバイスをさせていただきます。