歯科医院における「ホームページ業者」の選び方

歯科医院の場合、ホームページは何のために制作すべきでしょうか?新患獲得数が月に20人が目的ですか?レスポンスの高い医院では50~100人という場合もあります。検索エンジン対策(SEO)や、リスティング広告(PPC広告/SEM)に代表されるインターネット上の宣伝により結果は変わってきますし、なにより、そもそもの医院の患者満足度により大きく左右されます。

成果が未確定なものに多額の投資をするべからず

ホームページ制作業者は次のことを十分把握していて、あえて、貴医院に営業を仕掛けてきます。

★同じように費用をかけても成果がでる医院もあるし、でない医院もある新患がくる人数を保証できない。もっと言うと、検索順位も保証できない。→また、この医院はホームページを作っても効果は低そうだけど、きっと集患に困っているだろうから予算はブンどれる

実際に経営上困っているかどうかは関係なく、ホームページにはそんなに費用をかける必要はありません。適正価格を良く理解し、それ以上は支払う必要はないということです。患者さんが見たときに、みすぼらしくないサイトであれば十分です。新患が来ないのは、多くの場合、ホームページ自体のせいではありません。結論から言いますと集患や求人の目的でネットマーケティング戦略に、月間2万円以上使われている院長は一度ご相談ください(こちらをクリック/メールフォームが開きます)。コストパフォーマンスに関して検証させていただきます。

毎月かかる費用って何?業者の丸儲けなんですか?

よくホームページを制作すると管理費が毎月3万円とか、リスティング広告に毎月10万円とか、業者が請求してくると思います。そのお金ってなんですか??業者の利益??それともどうしても必要な費用があるの??

・・・お答えします!

本当に必要なホームページの維持コストと不要なコスト

弊社の経営レポートのコーナーで、ホームページにかかる本来のコストをズバリ公開させていただいております。医療業界のホームページ制作会社は、他の業態に比較してかなり高めに設定されています。だまされないように注意し、納得して費用をお支払いください。

こちらもお読みください

関連記事:歯科ホームページ維持費についての考察

いま効果的なスマートフォン対応型ホームページ

総務省の調査によると、50代のスマートフォンによるインターネット接続割合は、2016年で64.3%。2015年と比較して10%も上昇しています。当然ですが、49歳以下の世代におけるスマートフォンでのインターネット利用割合は80%を超えていますので、歯科医院を探したり、診療時間を確認する際のインターネット利用はスマートフォンがほとんどといって良いと思います。(出所:平成 28 年通信利用動向調査の結果)

ではスマートフォン対策をした歯科医院のホームページの種類と普及についてですが、種類は2種類あります。1つは、スマートフォン専用のホームページを制作する方法。もう1つはスマートフォンに対応しているPCサイトに作り直す方法です。このあたりもわかりにくいので、一度ご相談ください。

ご自身のホームページをスマートフォンで検索して、パソコンのサイトと異なるレイアウトで、多くのコンテンツがでてくればOK!そうでない場合は一度弊社の無料相談をご利用ください。

弊社制作のホームページサンプル

運用中のホームページのコスパについての相談や、スマホ対応(適正価格)ホームページ制作の資料請求はこちら

SEO対策にお金はかかるの?

お答えします・・・かかります。ただ何をやっていくらかかるのかは、ホームページに詳しくない方にはわかりにくく、お金の請求方法は各社それぞれ。実際の作業は2種類に大別されます。(検索エンジンをだますような不当な対策は、一過性の成果にとどまりますので、除外して考えます)

1.内部施策:ホームページの内部をgoogleやyahoo!の評価基準に合わせる作業

2.外部施策:有力な歯科関連サイトや診療圏に関連のあるページからリンクを貼ってもらう

まずSEO専門業者はホームページの検索順位に関してチェックし分析します。そして診断を行い、最適な対策がなされていなければ作業を行います。最新の基準に照らし合わせ内部施策を講じます。しかし、弊社では専門業者との契約は推奨していません。理由は費用が月額20万円程度はかかるからです。また、安価に引き受ける業者は成果がでず「安かろう悪かろう」で期待はずれな場合がほとんどです。

検索順位の評価基準は、googleやyahoo!により予告なく変更されルールの開示は一部のみですので、すべてがわかっている訳ではありません。しかしホームページ制作時に80%の対策を行うことは可能です。その対策はネット上でいくらでも入手できるノウハウです。チェックリストを作成しそれをホームページ業者に作業を行っていただくようにしましょう。

また、上記2.外部施策についても、ホームページ制作時に数件貼っていただくことは可能です。業者さんに依頼してみてください。優良な歯科関連サイトや貴医院診療圏に関連あるサイトからのリンクです。貴医院から他のサイトへのリンクではなく、他のサイトから貴サイトへのリンクですのでお間違いなく!【非リンクがSEO効果の大部分をしめていたのは10年以上前】

新患がくる!歯科専門のホームページ サンプル

新患がくる!歯科専門のホームページ サンプル

弊社へ資料請求をされた先生には、ご郵送で検索エンジン対策(SEO)の弊社の取り組みリストをご提供します。弊社で注文されない場合でもご活用いただいて構いません。

新患が来ない、がっかりするホームページって?!

検索エンジン対策(SEO)をしっかりしていれば新患がドンドン来そうな感じもしてきますが、やはり、そんなに簡単ではありません。前述のとおり、新患が来る場合もありますし、来ない場合もあります。その要素の1つに、トップページの印象があります。

歯科医院のホームページ直帰率(googleアナリティクス)

歯科医院のホームページ直帰率(googleアナリティクス)

ホームページは実は、ほとんどの場合最初のページだけ見てすぐに他のサイトに移動してしまいます。つまり、医院のトップページをチラッと見て、すぐに他の医院のサイトに移動してしまうということです。その平均はなんと65%。いくら多額の費用と手間をかけて作っても、トップページをチラッと見て印象が悪いとすぐに他の医院を検索してしまうのが現実です。当然ですがトップページだけでの閲覧では来院にはつながりません。

では一般的にはどのくらいが平均数値で、目標はどの程度、いったい何をすれば他のページも見てくれるようになり、結果来院につながるのでしょうか?

まずは、40%を目標として下記の対策を行っていきます

・サイト文章やキャッチコピーを正確に
・文字の行間が適正な行間である
・関連記事、誘導記事を作成する
・見やすいフォントを利用する
・記事内の横幅を適正なサイズにする
・ページの読み込み速度を速くする
・モバイル対応をおこなう
・文字サイズを適切にする
・文章の見出しを適正にする
・強調には大きな文字をつかう
・強調には太字をつかう
・意味のない改行を行わない
・リンクの色合いは適正な色合い

たくさん列挙しましたが、患者さんのためにわかりやすいサイトづくりをすることが、トップページ以外も見ていただけるホームページにする基本的な考え方です。トップページが表示されたときに、患者さんががっかりするようなサイトを作らないようにしましょう。

運用中のホームページのコスパについての相談や、スマホ対応ホームページ制作の資料請求はこちら

応募が来た!求人に有効なホームページのつくりかた

求人対策にはホームページを充実させることが重要です。特にトップページの作りこみは重要です。雇用条件も重要ですが他の医院よりも10%増しの給与設定は出来ない場合がほとんど。月額だけ高くみせる求職者を欺く手法は定着率の低下を生み、雇用問題を悪化させるばかりです。

求人対策に関する記事とホームページの変更方法は弊社レポート記事を参考にされてください。

2017最新ノウハウ・6つの求人対策/マスクをしたままでOKですか!?

院長の手間を省くために弊社のできること

簡単制作ステップ。先生はファックスを送るだけでOK!

次に、先生がどの程度面倒な作業を強いられるか・・・ということについて解説していきます。一番代表的なのが、歯科に関する記事を毎日1,500文字以上書きましょう。というもの。そんなことできる訳がありません。ごく一部の先生のようにそれが出来るのであれば、そりゃあ新患がドンドンくるし、ホームページの広告媒体としての価値も高まります。それは当然の結果。

では先生は、どの程度頑張れば良いのでしょうか?先生の頑張っていただくことそれは・・・
ファックスを記入するだけ

もし他に追加のページ制作のご希望があれば、原稿をご用意ください。用意の仕方も出来るだけ簡単な方法を差探しましょう。ぜひ安心してご相談ください。

更に簡単にそして高いクォリティーを追求

弊社では下記の対応もさせていただいております。

1、プロカメラマン派遣

歯科専門ホームページ制作カメラマン派遣今のトレンドは、スマホで見た時にはえるように、写真のクォリティーを高めること。ただ、医院で準備するにはかなりハードルが高まります。そこで弊社では、写真のみで生計をたてている、キャリア10年以上のプロのカメラマンを派遣させていただきます。綿密に打ち合わせ、撮影に挑みますので医院の評判が高く、とても喜ばれています。

2、歯科専門ならではの追加・修正の素早い対応

歯科専門ホームページ制作歯科専門対応歯科の診療内容がわからないホームページ制作者は、ページを追加するにも修正するにも一苦労です。『右上の4番に矢印を入れておいてくれる?口蓋側からねー』と言っていただければ、すぐに修正します。また『規制が厳しくなるみたいだけど、症例紹介をホームページ上に掲載するのって問題ある?』や『セレック導入したんだけど、どうやってアピールすればいい?』など、どんな事でも素早くご対応します。

3、基本SEO対策

歯科専門ホームページ制作基本SEO対策弊社のホームページは、基本的なSEO対策をすべて行いご納品させていただきます。ご安心いただいて大丈夫です。さらにご納品後もメンテナンスを行いますので、googleのアルゴリズムのバージョンアップにも対応します。将来想定外の問題が生じたとしても、院長と話し合い「医院の為に」最善の手法で改善していきます。もちろん、PPC広告(リスティング広告)にも対応します。

4、求人動画制作

歯科専門ホームページ制作求人動画制作昨今の最新の求人施策は「動画」しかありません。どの求人サイトで募集しようと、必ずホームページを見てから応募を決めます。その必ず見るホームページを、求職者にとって興味のある内容にすることも、ホームページを制作する目的の1つです。医院にまだ応募していない方が何を見て、何に心を動かされるのか?リクルートのデータなどを分析しページ構成の参考にしています。

5、毎月の更新

歯科専門ホームページ制作毎月の更新代行作業弊社では毎月医院に連絡をし、更新代行をさせていただきます。ただ「アップしただけ」のホームページになんの意味があるでしょうか?また、お客様である院長先生にお任せするばかりでは、かなりのご負担になります。したがって、必ずご連絡をとり「死んだホームページ」にならないように、更新作業を促進してまいります。この点もご安心ください。

6、歯科コンテンツを20ページ以上

 歯科専門ホームページ制作20ページ以上弊社のサイトは必ず20ページ以上あります。これは、最低限の医療機関のサイト情報量は超えています。このボリュームの情報提供をして、初めて「患者さんが見ることができる検索順位」にランキングされます。弊社でおつくりならない場合でも、かならず20ページ以上のサイトを制作するようにしてください。しかも歯科サイトとして意味のあるコンテンツをご用意ください。

費用と維持管理が心配な先生は・・・

制作費用につきましては、お問い合わせください。毎月先着にて割引も適用させていただきます。

・8月31日まで制作費用50,000円の割引が適用可能です

価格だけきいた先生は、必ず安い!と思われるようです。また、どの程度の効果があるのか、気になると思います。弊社では歯科医院のホームページ制作300医院以上の制作経験があるホームページ事業を完全譲渡を受け、そのノウハウを開発してきた担当者が歯科医院のホームページのあるべき姿を、多くの医院に提供させていただいています。コストパフォーマンス歯科業界no1と自負しております。ぜひご活用ください。

また、今までホームページを運用されていた先生は、現在のホームページと同じアドレスと使えるのか?メールアドレスもそのまま使用可能なのか?など、沢山質問があると思います。そんな不安のある先生はお気兼ねなくお問い合わせください。担当者とお話いただけましたら、ほとんどの不安は解消できると思います。

資料請求は下記より。

ホームページ制作のご相談・資料請求はこちら

お気軽にお問合せください 。
現在運用中のホームページのセカンドオピニオンや、開業時のご相談も柔軟にうけたまわります。先生がお手すきのときに、お電話でご連絡をいただくのも大歓迎です。