増患対策で意識すること。

こんにちは。リバティーフェローシップの小澤でございます。松の内のにぎわいも過ぎて、ようやく普段どおりの生活が戻ってまいりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今年は「亥年」。亥年は、翌年に備えて自分を磨いたり、目標に向けて準備をするための1年でもあるそうです。目先の利益にとらわれず、来年、再来年の利益につながるように内側を磨きエネルギーを蓄える1年にしたいですね!

新年最初のお話のテーマは「増患」です。

増患対策の基本はこの3つ。

①リピート率・紹介率を上げる

②メインテナンスへの誘導

③ホームページや看板のリニューアル

今回は①の対策を行う上で、皆さんに意識してほしい『ホスピタリティー』について少しお話します。

ホスピタリティーとは親切心やおもいやり、心をこめたおもてなしなどの意味があります。『ホスピタリティー』と言えば、リッツカールトンやディズニーランドが有名ですね。感動話をまとめた書籍もあるほどです。

医院経営に当てはめると、ハードルが高いと感じたり、そんな余裕は無い!とスタッフさんに言われてしまうかもしれませんが、身近な出来事を思い返すと実はみんな必ず何かしらの『ホスピタリティー』エピソードがあるはずです。

友達や隣人、家族、どんな場面でも良いので、人に親切にしたり心をこめておもてなしをした事を想像してみてください。また、逆に『ホスピタリティー』を受けたエピソードを思い出すと、患者さんの気持ちがより理解しやすくなります。

こんなことがあって感動したよ。こんなことをしてあげて喜んでくれたよ。等々みんなで感動を共有することで、スタッフ同士の『ホスピタリティー』への意識も高まります。ミーティングのネタにもお勧めですよ!

無料相談/経営コンサルティングについてお問合せ

お気軽にお問合せください 。

経営相談をしようかどうか迷われている先生。

ぜひ思い切ってご連絡ください。先生のお話を、じっくり先生のペースに合わせてうかがいます。まずはそこから。

先生が「今が経営改善のときかも」と感じたときが、動くべきタイミングです。ご連絡お待ちしています。