歯科医院の事業譲渡で損をしない3つのポイント!

こんにちは、歯科医院専門の経営コンサルタントをしております北村です。

最近、弊社へのお問合せ内容で増えてきたのが、事業譲渡に関する相談です。

「M&A」とか「営業権売却」という言葉を耳にされる機会も増えているのではないでしょうか。それは、歯科医師であることをリタイヤされる方が増えてきているからです。

少し大きな話をしますと、わが国の経済問題のベースになっているのが、人口動態です。

先進国は、日本と同じように少子高齢化、生産年齢人口の割合逓減、現役世代の重い社会保障負担etc…となってきています。きたる2025年には、団塊の世代の全てが75歳を超え、歯科医師業を事実上廃業される方の割合が、大幅に増えることが予想され、政府も事業継承に関する様々なサポートを始めています

このような状況下において、将来ご子息や勤務医の先生に歯科医院を継承をされないことが決定している院長は、ぜひこの記事を参考にされてください。

1. 歯科医院特有の事業売却の問題点!

売却先が見つからない

1、有資格者でないといけない

2、診療圏による軋轢があり難しい・・・

3、友人・知人も同世代である

交渉の仕方がわからない

1、マッチング成功しても進まない

2、中間業者がみつからない

3、契約の仕方がわからない

手続き等がわからない

1、保健所に何を届ければ良いのかわからない

2、都道府県に何を届け出るのかわからない

3、相手先が医療法人の場合はどうなるのかわからない

2. M&Aの各フェーズはこうなってる!

1. 意思決定とマッチング

1、いつ・どうしたいのか自分と向き合う

2、費用はどの位かかるのかざっくり計算

3、購入先にめぼしい人はいるのか考えてみる

2. 基本合意

1、2段階で契約すること

2、基本合意に向けて活動すること

3、売却側歯科医院の経営状態をまとめる

3. 認知活動(PMI)

1、スタッフに伝える

2、患者さんに伝える

3、医院の文化まで含めて引き継ぐ

3. 歯科医院の気になる譲渡金額は…⁉

価格の決め方を教えます

1、損益計算書をみてみよう

2、貸借対照表をみてみよう

3、患者さんの推移をみてみよう

歯科医院売却相場ってどのくらい?

1、一般的にM&Aの費用はどんくらいなの?

2、地域による差はあるの?

3、歯医者の場合、相場はいくらなの?

交渉のキーポイントを教えます

1、相手の「気持ち」に配慮する

2、全体の進め方と今回の交渉について合意をとる

3、患者さんのことを第一に考える

 

事業譲渡について、大まかに説明させていただきました。

わずかではございますが、弊社で今まで蓄積したノウハウを開示させていただきました。

事業譲渡でご相談がございましたら、お気兼ねなくご連絡ください。

リバティーフェローシップ 北村 健<Kitamura Takeshi>

 

無料相談/経営コンサルティングについてお問合せ

お気軽にお問合せください 。

経営相談をしようかどうか迷われている先生。

ぜひ思い切ってご連絡ください。先生のお話を、じっくり先生のペースに合わせてうかがいます。まずはそこから。

先生が「今が経営改善のときかも」と感じたときが、動くべきタイミングです。ご連絡お待ちしています。