災害の備えにもはや必須のポータブル電源

こんにちは、東京歯科経営ラボの杉山です!

田に降り注ぐ雨に、農家が五穀豊穣の予感と安堵の笑みを浮かべた日は久しからず。

台風シーズンにつき、猛烈な雨や風が生み出したるは命に危険を及ぼすほどの災害にございます。

圧倒的な自然のチカラを前に、ヒトが抗う術などありゃしません。

せめてもできることといえば、災害を乗り越えるための各々の備えではないでしょうか。

隣人と触れ合うことも寄り添うこともままならない今、われわれには例年より一層の自助努力が必要です。

飢えや乾きをしのぐ備えは万全ですか?

寒さや暑さをしのぐ備えに怠りはありませんか?

いざというときに救助を呼ぶにはどんな手段が有効でしょう?

まさかの停電が起きたとき、暗闇に耐えることができましょうか?

こういった懸念をすべて払拭するのはなかなか困難です。

なにせ相手は大自然・・・。

ちっぽけなヒトがどれだけ束になってかかろうと、びくともしやしないのですから。

ところが、なんとたったひとつの備えで、大概の不安が解消される神器がございます。

それが、ポータブル電源です。

ポータブル電源さえあれば、われわれは屋外であっても移動中であっても手軽に電気を利用し、住宅にいるのと変わらぬ生活を送ることができます。

ご飯を炊くもよいでしょう。

カップラーメンだってお手の物。

スマホを充電して連絡手段も確保できますし、ノートPCでリモートワークも可能です。

冷風機で涼をとったり、電気毛布で暖をとったりもできちゃいます。

このように、ポータブル電源があれば非日常下にあっても日常っぽく過ごせるのです。

電気があるってすばらしいっ!!

そのポータブル電源は昨今、飛躍的に種類を増やし、いまだかつて無いほどの人気を誇っています。

昨年より続くこのご時世で、ソロキャンプやキャンピングカー生活を楽しむ方が増えたためでしょう。

業者やアウトドア派の一部でしか浸透していなかった「家庭用電源を持ち歩く」という文化が、今や一般通念になりつつあるのです。

これから備えを見直すならば備蓄品には水、食料、そしてポータブル電源を。

あらゆる災害において、電気を使えるのと使えないのとでは安心感が段違いです。

古くより日本で恐れられてきた代表的な災害に、もはやオヤジが並ぶことはありません。

オヤジの恫喝より地震、雷、火事、洪水です。

オヤジより雨。雨に勝るオヤジなし。

これから本格的にはじまる台風シーズンに、みなさま、くれぐれもご用心いただき、安全にお過ごしください!!

※注意※東京歯科経営ラボではポータブル電源は販売しておりません。

資料請求・お問合せ

サンプルのご請求や無料相談はこちらから。
まずはお気軽にご連絡ください!

ツールに関するご質問やご要望、使い方についてのご質問などもお待ちしております。

※お電話やFAX、LINEなどでもご相談が可能です。
詳しくは、「資料請求/無料相談」のページをご覧ください。