東京歯科経営ラボでは、歯科ホームページ作成サービスの全てにおいて、SEOつきでご提供しています。

歯科HPのSEO対策ってなに?~新患が月に31人増えた理念と手法~

ホームページを作成するときや、運用している際によく聞くのがSEO対策。このSEOって何でしょうか。SEOが良くないと、歯科医院経営において、困ることがあるのでしょうか?本当に患者が増えるのでしょうか?

SEO対策の移り変わり

東京歯科経営ラボのホームページ作成サービスでは、SEO対策は標準的な作業のひとつに含まれています。SEO対策はどんどん新しいものに置き換えられていて、以前の対策を行っても、かえって検索順位を下げてしまう場合があるので注意が必要です。

もう15年ほど前にSEO対策の主流だったのは、「被リンク」という手法でした。被リンクとは、貴医院のホームページへのリンクが多ければ多いほど「人気のあるホームページ」とされていました。被リンクを1,000件購入し、一括で被リンクを貼ってもらうサービスが流行したこともあります。

歯科コンサルタント小澤

しかし今では、まったく関係の無いホームページからのリンクは、順位を下げるペナルティーが科されます。検索エンジンのルール(アルゴリズム)は毎日変更されていて、それに伴いSEO対策にも工夫が必要になりました。ここだけの話検索順位を決定づけるアルゴリズムは、ホームページ作成業者にとっては、有利なケースと、不利なケースがあります。この点は発注者側である歯科医院が知っておいた方が良い事実です。⇒詳しくはコチラ「知られたくないホームページ業者の裏話 SEO対策編」

SEO対策とは?

SEOとは、患者さんが「地域名+歯医者(歯科)」や、「歯が痛い じんじん」、「歯が欠けた」などのキーワードで検索した際に、自分のホームページが上位に表示されるための対策のことを指します。以前は「地域名+歯医者」で上の方にくることで成果が出るとされてきましたが、歯科業界のような超過供給が存在する業態では、見込み患者の悩みに対応したキーワードで数多く上位表示されることが重要だとされています。

ホームページを作成しても、検索エンジンで上位表示されないと『誰にも見られていない』という状態で長く運用することになります。歯科でホームページを作成するこのと目的はいくつかありますが、アクセス数が無い状況というのは絶対に避けなければいけません。

検索エンジンに好まれるページ構成

それでは、検索エンジンで上皮表示できる記事とそうでない記事は何が違うのでしょうか?一概にはいえないのですが、ユーザーのニーズを満たせるページかどうかという点が重要です。その他、ページのクオリティーや、ページの費やすさが大きなポイントになります。つまり、患者さんが欲しい情報が、漏れなく記載され、使いやすいホームページであることで高評価を得ます。もう一度ご自身のホームページを見直し、スマートフォン対応されていない先生は、すぐに対応された方が良いと思います。参考:General Guidelines 2022

SEO対策の具体的な内容

なんとなくSEO対策が歯科医院でホームページを作成し、運用していく上で大切なことは分かったと思います。では、具体的にはどんなことをするのか、お伝えします。
歯科コンサルタントによるキーワード選定

歯科コンサルタントがキーワードを選定

東京歯科経営ラボでホームページを作成するメリットの1つに、歯科コンサルタントによるサポートがあります。歯科医院の経営を理解しているコンサルタントだからこそ、SEO対策が歯科医院経営にとって利益になることのみに意味があると考えています。

たとえSEO対策で特定のキーワードで1位を獲得しても、医院に予約が入らなければ価値はゼロ。SEO対策により大量のアクセス数を獲得しているかどうかが抜け落ちていると何の意味もありません。

「渋谷+歯医者」で1位を獲得しても、「渋谷+歯医者」で検索する人が10人しかいなければ、10回しかアクセスされないので、来院する患者は1人もいません。

東京歯科経営ラボでは、アクセス数の最大化を目的として、歯科コンサルタントが複数のキーワードを選定します。

ホームページへキーワードを埋め込む

選定したキーワードは、ホームページ内の所定の場所や、googleにアピールしやすい場所に埋め込む必要あります。また、埋め込み過ぎても、不足していても効果は半減します。弊社では必ず保守契約を頂戴しますので、SEOの状況をみながらキーワードを調整していきます。
 
ホームページを作成しサーバーにアップしてから、本当のSEO対策が始まります。ホームページが完成したら、埋め込んだキーワードが検索できているかどうか確認してみてください。弊社でもキーワードを配置や量を調整し、アクセス数アップのために努力していきます。

希望のキーワードに関するページを作成

また、ご希望のキーワードがあれば、そのキーワードに関してアピールできるように特集ページを作成し、患者さんに強く訴求することも可能です。その特集ページが、検索エンジンで上位に表示されることも良くあります。どんな治療や、医療機器でアピールしたいのか、院長の思い付きで構いませんので、ご相談くださいませ。

新患が月に31人増えた!

各都道府県で、1医院で複数の検索上位表示を獲得し、大量のアクセス数を獲得しています。実績を改めて見直しますと、複数のキーワードで上位を獲得しないと新患の来院にはつながらないようです。当然ですよね。
 
一定のアクセス数を超えると様々な営業メールがきます。うっとうしいですが、あまり気にせず無視してください。実はこの業者からの連絡がホームページから増えてくることは、アクセス数が向上していることの裏返しとも言えます。この状況が続いたら患者さんからの予約が入る兆候です。検索エンジン対策を継続すれば必ず増患に繋がります。

弊社の最近の実績として、昨年同月比で31人の新患が増加しました(3ヶ月平均で前年と比較)。粘り強く対策を行えば必ず成果が出ます。アクセス数の確認は、毎月配信可能なアナリティクスレポートで確認できます。ご安心ください(HP保守 おまかせコース以上のご契約にて無料提供)。

無料相談をお受けします

東京歯科経営ラボでは、歯科医院のホームページ作成サービスを提供していることから、歯科医院におけるネットマーケティングに関するノウハウを多く保有しています。

ホームページ作成を検討している先生は、お気兼ねなく無料相談をご利用ください。以下のメールフォームからでも、下方にある公式LINEからでも大丈夫です。

PAGE TOP